トラブル回避のために確認すべきこと

不動産売買では大きなお金が動きます。
トラブルを未然に防ぐためにも事前に売却物件に関する確認事項を把握しておきましょう。

権利関係

不動産取引でトラブルの原因となりやすいのが、権利に関する問題です。
不動産には、所有権・地上権・抵当権などの複雑な権利関係が存在しますので、事前に法務局へ足を運び、登記事項証明書(登記簿)をとり、調べておきましょう。

とくに、所有権は不動産を売却するための必要な権利で、仮に共有者として親や親類などにいる場合には承諾を得る必要があります。

また、抵当権が設定されている場合は、債権者と事前に話し合い、調整をしておく必要がありますので、しっかりと把握しておいて下さい。

土地の境界線

不動産を売却する際には、隣地との境界線を明確にしておきましょう。土地の境界をめぐるトラブルは年々増加していて、裁判にまで発展するおそれもあります。
不動産は大切な資産です。登記簿や公図のみで確認するのではなく、必ず現地で境界標の確認を行って下さい。万が一境界標が無い場合には、残りの土地所有者と境界確認をしたり、専門家に測量を依頼したりすることが必要になってきます。

瑕疵(かし)の対処

不動産を売却しても一般の売主様には「瑕疵担保責任」はありませんが、不動産を引き渡した後に、雨漏り、シロアリ被害、設備の故障などの物件に関わる何らかの欠陥が発覚した場合には、トラブルに発展する可能性もあります。そこで不動産の不具合については事前にチェックし、告知することが大切です。

不動産売買の取引をスムーズに行うためにも、このようなポイントを予め確認しておくことが肝心です。

石川県金沢市の不動産を幅広く取り扱っている当社では、不動産買取、売却に関するご相談はもちろん、不動産査定や販売価格のご検討など、あらゆる面でサポート致します。地域密着型の不動産会社ですので、金沢市で不動売却をご検討されている方は、ぜひ一度お問い合わせ下さい。