住宅ローンの返済が難しい場合には任意売却を

住宅ローンの返済で毎日頭を抱えている方はいらっしゃいませんか?

その問題を解決する糸口となるのが「任意売却」です。

住宅ローンの滞納が続くとどうなる?

リストラ・失業・借金・病気・事故などの影響で収支のバランスがとれなくなり、住宅ローンの返済が難しくなる場合もあります。このような状況に陥り滞納が続いてしまうと、債権の管理が保証会社に移り、不動産は差し押さえられ競売の申し立てが行われます。

競売によって売却されると、市場価格よりも安く売られるだけでなく、任意売却する場合より、住宅ローンの債務が多く残ることがほとんどです。

競売を避けるためにも、「住宅ローン返済の目処が立たない」「これから支払えなくなる可能性が高い」といった状況の場合には、早めにご相談下さい。

任意売却のタイミング

大切なマイホームを手放すのは苦渋の決断です。しかし、任意売却のタイミングを逃してしまうと、有利な条件で不動産売却が成立しない可能性もあります。

下記のようなタイミングを見計らって任意売却をご検討下さい。

• 滞納3ヶ月以内

金融機関から督促状や電話がきます。それでも滞納を続けると、金融機関からの最終通告として返済を強く求める催告状が届きます。

任意売却を行うのでしたら、滞納初期段階での相談が最も望ましいところです。

• 滞納3~6ヶ月頃

督促状や催告状を無視して滞納が続くと、保証会社が金融機関に代位弁済を行い、債務が保証会社に移り、保証会社は期限の利益の喪失に伴い、一括返済を求める旨の通知を郵送してきます。

競売に向けた手続が進められている段階ですので、早めのご相談が必要です。

• 滞納6ヶ月以上

不動産が競売にかけられることを伝える競売開始決定通知書が届きます。
書類が届いてから通常4~6ヶ月くらいで競売が開始されてしまいます。
この時期が任意売却のラストチャンスと捉えておいて下さい。

石川県金沢市で不動産の任意売却をお考えでしたら、当社にお任せ下さい。

当社では、金沢市の不動産売却・買取・賃貸・管理・不動産投資・任意売却などの不動産に関するあらゆる業務に対応しております。不動産査定のご依頼をメールと面談で承っておりますので、お気軽にご相談下さい。