媒介契約について把握しておこう

不動産査定に納得した後には、売却活動を進めるために媒介契約を締結する必要があります。
媒介契約は、売却活動の基準となる契約ですので正しく理解しておきましょう。

媒介契約の目的

媒介契約は「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類あり、売却活動の業務内容や仲介手数料などを明確化するための大切な契約です。

不動産の売買では大きなお金が動くため、トラブルが起こる場合も考えられます。
そのようなトラブルを未然に回避するために、宅地建物取引業法によって媒介契約の締結が定められているのです。

3種類の媒介契約

• 専属専任媒介契約

特定の不動産会社にのみ売却活動を依頼する契約なので、他の会社に重ねて依頼することは禁止されています。また、自分で取引相手を見つけた場合でも契約した不動産会社を介して取引を行う必要があります。

その分売却活動のサービスは手厚く、不動産の流通機構であるレインズに物件情報を登録して、幅広く購入希望者を探します。一週間に一度、業務の進行状況が報告されます。

• 専任媒介契約

「専属専任媒介契約」とほぼ同じ契約内容ですが、専任媒介契約の場合には売主様自らが見つけた取引相手との交渉は不動産会社を介さなくても問題ありません。また、業務の進行状況の報告は二週間に一度となります。

• 一般媒介契約

複数の不動産会社に売却活動を依頼できる契約です。レインズへの登録や売主様への業務報告の義務はありません。自分で取引相手を見つけて交渉を進めることも可能です。

一見、複数の不動産会社で取り扱われるので早く売れるとお考えになるかもしれませんが、場合によっては「売れない物件」と捉えられてしまう可能性もあります。

媒介契約は売主様によって選択されるものですので、正しく理解した上で売却方針に沿って選ぶようにして下さい。

石川県金沢市で不動産売却や不動産査定などのご依頼は、当社にお任せ下さい。

当社は、金沢市に密着した不動産会社で売買・賃貸・管理・任意売却・不動産投資なども承っております。