不動産売却に掛かる費用

不動産を売却する時には種々の費用や税金が掛かりますので、売却額がそのまま手取り額になるわけではありません。不動産売却時に掛かる費用には、次のようなものがあります。

登記の費用

不動産売却の際には、司法書士が登記原因証明情報を作成する費用が必要になります。
また相続などで実際の所有者と登記上の所有者が違う場合や所有者の住所が違う場合は訂正が必要になりますので、別途費用がかかることもあります。事前に不動産会社へ相談しておくと安心です。

不動産会社へ支払う費用

一般的に仲介手数料と言われているもので、不動産会社に依頼して売却が成立した場合に支払います。仲介手数料は宅地建物取引業法と呼ばれる法律で定められており、取引された物件の価格によって仲介手数料も変わってきます。

不動産仲介手数料の料率は、売買価格が200万円以下の場合は5%、200万円を超える場合は400万円までは4%+2万円、400万円を超える場合は3%+6万円と定められています。この費用は売買が成立した時だけに支払いますので、物件が売れなかった場合は不要です。
また、仲介手数料は不動産会社が仲介して第三者へ売却する時に発生しますので、不動産会社が直接不動産買取を行う場合には不要となります。

石川県金沢市にある当社では、石川県金沢市の「まちなか物件」を中心に不動産の売買、賃貸及び管理業務の他、買取のご相談にも応じています。様々な理由によって仲介で売却するのではなく、買取をご希望される方もぜひご相談下さい。

適正な査定を行った後、最終的な価格を決定していきます。その他、競売不動産の入札サポートや任意売却のお手伝いも行っています。
魅力ある街・金沢市の不動産に関するご相談は、ぜひ当社までお寄せ下さい。