任意売却を選ぶメリット

住宅ローンの支払いが滞ると、抵当権の設定されている不動産は競売にかけられてしまいます。
最近では競売になる前に、任意売却を選ぶ方が増えており、任意売却には様々なメリットがあります。ここでは任意売却を選ぶメリットをご紹介しています。

周囲に事情が漏れることがない

不動産が競売にかけられてしまうと、裁判所が競売にかけられていることを公示し、入札を考えている不動産業者が近所へ聞き込みを開始します。競売にかけられていることが近所に知れ渡ってしまうことになりますので、住み慣れた地域では人目を気にして、他の地域へ引っ越しを考える方も多くいます。任意売却の場合は事情が知れ渡ることがありませんので、住み慣れた地域内での引っ越しも可能です。

高く売却することができる

競売の場合は裁判所が入札可能な価格を設定して応札を行います。一般に入札可能な価格は市場価格の4割から6割の価格と言われています。
任意売却は一般的な不動産売却と変わりませんので、市場価格に近い価格で売却することが可能です。不動産売却によって得たお金は、主に住宅ローンの支払いに充てられますが、不動産が高く売却できれば、残債がなくなったり、残っても競売の場合より少なくなり、今後の支払いが軽くなります。

買主との話し合いができる

競売によって落札されると、不動産を引き渡すまでの期間が決められてしまうだけでなく、引っ越し費用の交渉など本人の希望を一切聞いてもらうことができなくなります。任意売却であれば買主と直接話し合うことが可能ですので、場合によっては入居先が見つかるまで今の住宅に住み続けることも可能です。但し、一旦売買が成立してしまうとそこは他人の所有する不動産になりますので、一定の配慮は必要です。

石川県金沢市任意売却を検討されているという方は、当社にご相談下さい。また当社では、金沢市の「まちなか物件」を中心に、不動産売却、買取、賃貸及び管理業務を行っていますので、とりあえず査定からという方や買いたい、借りたいという方も気軽にご相談下さい。