【売却をする】

不動産を売却する売却については、当然のことながら正式に査定を行い、ご相談をお受けしたうえで、売却活動を行います。売却の方法は後述の3種類がありますが、それぞれの内容を理解したうえで、各々のメリットとデメリットをご確認いただき、どれにするかをご選択下さい。最後に必要な諸経費にも触れています。



<売却方法>
1.「仲介販売による売却」
 多少時間がかかっても、できるだけ高く売りたいという人に適した売却方法です。
2.「買取による売却」
 現金化を急いでる方に適した売却方法です。
3.「買取保証付仲介販売」
 上記2つの売却方法を組み合せたもので、一定期間仲介販売を行い、成約できなかった場合に
 買取るという売却方法です。
※上記いずれの場合でも「簡易査定、査定・売却」用メールフォームがご利用いただけます。

<それぞれの販売方法のメリットとデメリット>
1.「仲介販売による売却」
 <メリット>
 ◯高く売れる可能性がある
 <デメリット>
 ●売却までに時間がかかる可能性がある
 ●不動産市況の変化に伴い、値下りの可能性がある
 ●広告などで周りに知られる可能性がある
 
2.「買取による売却」
 <メリット>
 ◯現金化が早い
 ◯現金化の時期が明確なため、資金計画が立てられる
 ◯周りに知られることなく、売却が可能である
 <デメリット>
 ●仲介に比べ、売却価格は低い
 
3.「買取保証付仲介販売」
 <メリット>
 ◯仲介販売で高く売れる可能性がある
 ◯現金化の時期が明確なため、資金計画が可能である
 <デメリット>
 ●広告などで周りに知られる可能性がある
 ●買取となった場合、仲介に比べ、売却価格は低い

それぞれ一長一短はありますが、お客様の資金使途と計画に合わせ、どの方法にするかをご選択下さい。

<売却時の諸経費>
 □引渡し時に司法書士へ数万円の手数料が発生します。
 □いずれの売却方法の場合でも当社への手数料が発生します。
 □売却に伴い、譲渡所得税が発生する場合があります。
 □物件のリフォーム、クリーニング等の工事費用が発生した場合はご負担をお願いします。
 □土地の測量、分筆等が必要な場合はご負担をお願いします。
 ※販売にかかる広告費用は不要です。